コミュニケーションってサロン経営に必要なの?

2d2baa1

「美容師としてお客様に喜んでもらうためには、ヘアアレンジ等の技術力が一番!」

と思っていませんか?

 

確かに技術力はなくてはなりません。そもそも技術力がないようなサロンにはお客様は足を運んでくれなくなります。
ですが、現代社会は技術力が高いのは「当たり前」の風潮になってきています。

技術力プラスそのほかの何かが必要になってきています。

サロン経営者様でも、他業種のショップのお客さんになることもありますよね?
たとえば、歯科医院。

もしかしたら、歯のトラブルを抱えたら、かかりつけの歯科医院というのがありませんか?
なぜ、その歯科医院をかかりつけにしましたか?
技術力が高いから?

それは当然のことだったと思います。

技術力ではない、そのほかの何かがあるはずなんです。

 

それは

 

院長、看護師さんにいたるまで「感じがよかった」という感覚の他なりません。

もし、感じの悪い院長や看護師さんがいる歯科医院だと「二度と来たくない」と思ってしまいませんか?

では、サロンのお客様に「感じがよかった」と感じてもらえるのは

コミュニケーションでしか、その感じをお客様にご提供できないんです。

 

貴サロンが繁盛していく過程において、経営者様のみならず、従業員の方々のコミュニケーションを改善していくのが一つのキーポイントになってくれるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サロン繁盛セミナーに参加してみますか?

参加してみたい!
Copyright 2017 NICCORI|ショップセールスコンサル